top of page

留学生採用市場の現実は?12月の実績から分析する「今年の留学生」

当社では年内から積極的に「外国人留学生限定」の就職関連イベントを実施しております。いよいよ就活準備が本格化する12月、多数のイベントを実施いたしましたので、まずはその実績値をお知らせいたします。


 

パネルディスカッションフェア

企 業:6社

日 時:12月5日(火)〈午前の部〉10:00~13:10 〈午後の部〉14:00~17:10

開 催:オンライン(Zoom使用)

内 容:パネルディスカッション、自社説明会

条 件:《文理不問》2024年4月~2025年3月に大学・大学院卒業見込の外国人留学生

参加数:95名午前午後計)


◆〈文理不問〉留学生企業研究フェア

企 業:10社

日 時:12月9日(土)12:00~17:00

開 催:リアル開催(東京・浜松町)

内 容:ブースごとに自社説明会

条 件:《文理不問》2024年4月~2025年3月に大学・大学院卒業見込の外国人留学生

参加数:111名


《理系限定》留学生企業研究フェア

企 業:12社

日 時:12月10日(日)12:00~17:30

開 催:オンライン(Zoom使用)

内 容:自社説明会

条 件:《理系限定》2024年4月~2025年3月に大学・大学院卒業見込の外国人留学生

参加数:88名


《女性限定》留学生企業研究フェア

企 業:4社

日 時:12月20日(水)10:00~13:40

開 催:オンライン(Zoom使用)

内 容:自社説明会、交流会

条 件:《女性限定》2024年4月~2025年3月に大学・大学院卒業見込の外国人留学生

参加数:65名

 

12月は上記に加え、企業様ごとに実施する「企業単独セミナー」の開催も始まり非常に忙しい1か月となりました。ところが、企業活動が本格化し始めたにもかかわらず肝心の25卒留学生はまだまだのんびりモード。当社でも、イベント集客にはかなり苦戦しております。

現時点での外国人留学生の特徴としては


・メールを見ない

スマホにアプリの通知が来るのが当たり前の世代。わざわざメールボックスを見に行って新しいイベントを探す、という手段にたどり着かないようです。


・電話に出ない、折り返しの連絡をしない

知らない電話番号からの電話には出ない、数回かかってくれば即座に着信拒否!


・就職活動に対する情報不足

コロナ禍に大学入学した世代、1~2年生のときはそもそも日本に入国できず母国でオンライン授業だったという学生も多く、やっと来日を果たしたいま、まだ就活どころではない・・というケースも。


・タイパ、コスパ意識

生まれたときからデジタルデバイスがあり、スキマ時間にはショート動画を見て、ドラマや映画も重要シーンだけ抜き出して視聴する世代、長時間のセミナー聴講や動画視聴は敬遠しがちです。


・早期選考に参加している

インターンシップからの早期選考に参加している学生も格段に増えましたが、それにより安心しきっており、合同企業説明会などでの新しい企業との出会いを不要に感じているようです。当社からイベントのご案内をしても「あ、もう選考進んでいるので大丈夫です」と断られることが増えています。


・「オファー」「スカウト」に慣れている

逆求人、オファー型求人サービスが増えている今「オファー」「スカウト」という言葉が独り歩きしており「企業からオファーをもらえる自分」に優位性を感じ、自分から新しい企業を探すことの必要性を感じていないようにも思えます。


・声が小さい

これは番外編かもしれませんが・・コロナ禍でマスク生活が長く、大きな声を出すことを敬遠されていたからか、コロナ禍で日本人とのコミュニケーション機会が減り自身の語学力に自信がないからか、どうも声の小さい、元気がない留学生が多いように思います。



というように、企業の採用意欲と学生の就活意欲が今一つ噛み合っていないように感じる今年の就活スタート期です。当社の顧客企業様や大学ご関係者様からも同じようなお悩みをお伺いすることも多いため、今期の留学生採用は一筋縄ではいかないかもしれません。

私共も、会員学生への就活ガイダンスや個別相談会の機会を増やし、日本の就職活動についての知識をしっかり教育し、育成してまいります。

留学生採用にお困りの際や、他社のケースなどを聞いてみたい場合にはお気軽にお問合せください。





Bình luận


bottom of page