top of page

企業と留学生:アピールポイントのずれ

こんにちは!グローバルリーダー営業担当です。

あっという間に2024年も1カ月が過ぎようとしていますね。時の流れの速さに毎年驚きます!


さて、いよいよ選考活動が本格スタートとなる企業も多いかと思いますが、採用担当者の皆様は多くの学生と面接や面談を実施する中で、


「その回答を聞きたいわけじゃないんだよな…」

「質問の意図を勘違いしているな…」


と、感じたことはありませんか?



これは留学生だけではなく、日本人学生にも感じることかもしれません。

ですが、留学生の場合は、特にこの【企業が聞きたいポイント】と【留学生が伝えたいポイント】にズレが生じることが良くあります。



その理由は、やはり母国と日本の価値観の違いにあるのではないでしょうか。



日本以外の国では、スキル採用」を実施している企業が多く、選考で伝えるべきことは「何ができるか?」です。(大学で学んだこと、資格、インターンでの実務経験の内容など、採用するポジションで入社後活躍できるかどうかを確認するため)


しかし日本の場合は「ポテンシャル採用」となりますので、人柄を伝える為には「何が(WHAT)」よりも「なぜ(WHY)」を中心に話す必要があります。 そういった採用の価値観の違いを理解できないと、どうしても回答がズレてしまうケースが多くなります。もし、今後留学生が選考に参加した際には、根気強く深掘りの質問をしていただけると、学生の「人柄」の部分が少しでも見えてくるかと思います。



 

(「スキルや結果だけ」をアピールしている学生に対して)


・なぜ、そのスキルをつけたいと考えたのですか? 

 →そう考えたきっかけは何でしたか?


・そのスキルを使い、どんな課題・人に貢献したいですか?

 →そう考えた理由やきっかけは何ですか?


・その結果を出すために、あなたはどのような工夫しましたか?


・その結果に至るまでの経験の中で、楽しかったことと辛かったことはなんですか?


 


留学生の就職サポートを長年行っている弊社からの

勝手なお願いになりますが、

今後留学生が選考へ参加した際には、

上記のような背景を少しだけ考慮して頂けると幸いでございます。




その他、留学生を採用する際に気を付けるべきポイントが聞きたい!などございましたら、お気軽に弊社へお問い合わせくださいませ。




Comments


bottom of page